WordPress.com で次のようなサイトをデザイン
始めてみよう

くるくる磁石ゴマのご報告

こんにちは、みなさん。            おもしろ!ふしぎ?実験隊です。

5月30日に、いつもの東児童館で、『くるくる磁石ゴマ』の実験をやってきましたので、そのご報告です。

P1030504 - コピー - コピー

連休は過ぎたといえども、1年生は、まだまだ幼くかわいいので…

P1030513 - コピー

磁石のお勉強というより、身近な磁石の性質の確認をして、

P1030516 - コピー

その動きの面白さを使って、まわすこまを工作しました。

こまは、「ベンハムのこま」と「3Dゴマ」と「自作ゴマ」。

まわした時のふしぎを、解説しながら、今回は、

『理科ってなんだかおもしろいな』

『不思議があるんだな』と思ってもらえればなと思っています。

まずは、ベンハムのこま。

P1030521 - コピー

黒と白で書かれたこまを回すと、赤や紫黄土色の色が見えます。

白っぽく見える蛍光灯の光も、色々な色の集まりです。

なので、分光シート(細い筋があるシート)を通してみると、虹色に見えます。

P1030522 - コピー

ベンハムのこまの白い部分は、蛍光灯の光が当たっているので、本当は、色々な色の光が、人間の目には入ってきています。

人間は、色々な色の光を赤緑青の色の光として、とらえて脳に伝えるんだけど、

その時、それぞれの光が脳に伝わる時間に違いがあるので、違う色に感じるそうです。

他にも色々原因があるし、まだわかっていないこともあるようです。

でも、赤緑青の光を合わせて白っぽく見えるといわれても、ピンとこないよね。cropped-1e59bb3efbc96-e382b3e38394e383bc-6.jpg

ってことで、

juiceasshuku.JPG

光のジュースの実験 の実験をしました。

・・・

P1030524 - コピー

いろんな色が見えたかな?黒い部分を赤くしても、色が見えます。緑や青よりもいいみたい。

次は、『3Dゴマ』。

100円ショップの3D折り紙を回すと、飛び出して見えます。

P1030534 - コピー

左の子のを回すと、右のこのように、見えます。

動画だと、以前ご紹介したこれです。

この折り紙は、凹面鏡のようになっています。

これはびっくりしたのですが、どうして飛び出して見えるのかな?と聞いたら、

「このシートは、普通に見てるだけでも、映ったモノが浮かんで見えるので、

それが、まわると、浮かんで見えるんじゃないかな?」といったお友達がました。

KUBOさんにも詳しくはわからないのですが、最初の写真のCD。

P1030504 - コピー1

これを回すと・・・(下は、凹面鏡の反対側から見たもので凸面鏡)

P1030530 - コピー

浮き上がって見えます。

CDは、虹色が見えるけど、右目と左目では、見える色が違います。

そういったものを高速でまわすと、浮き上がって見えるらしいです。

凹面鏡も、右目と左目に見えているものは、違うので、浮き上がって見えるんじゃないかな?

(ちょっと自信がありません。ごめんね)

最後は、自作ゴマってことで、自分で絵を描いて、それを回してみました。

P1030535 - コピー

どんな絵ができて、どんなに見えたかな?

上の写真でわかるように、今日は、他の児童館の先生もいらしてくれました。ありがとうございます。

また、KUBOさんが、支援を受けている、(独)科学技術振興機構の方々が、視察に来てくださいました。遠いところ、お疲れ様でした。

また、このブログ上では、お知らせしていませんでしたが、いつもこの写真を撮ったり、お手伝いをしてくださっているのは、東小学校で読み聞かせもしてくださっている、〇〇さんです。いつもありがとうございます。=^_^=

今日の実験隊は、磁石の性質を利用して、くるくる回るこまを作って、そのこまのふしぎを見てもらいました。なんか、おもしろいなって、思ってくれたかな?

ではね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。