WordPress.com で次のようなサイトをデザイン
始めてみよう

フリクションペンでの消えやすさ@ラバーとプラスチック

フリクションインキの実験をやっているとき、
ラバーで消すのと、反対側のプラスチックで消すのどっちが消しやすい?
と質問します。

当然、
「ラバー」と答えてほしいんだけど、案外
「プラスチック!」
という子がいます。
これまで、勘違いかな?とか思って、うやむやに流していたんだけど、
「プラスチック!」と答えた子が、おしゃべりさんで上手に説明できそうだったので、
前に来て、どうしてそう思うか答えてもらいました。

その子が言うには、
「ラバーは最初消し始めて、少ししてから消えだす。
プラスチックの方は、ごしごしやるとすぐに消える
だから、プラスチックの方が消しやすい!」
というようなことを言いました。
『ごしごし』という言葉は、その後のフリクション=摩擦
ということ導き出すために、KUBOさんが何度も何度も言っている言葉です。

で、この子の言ったこと、案外、的を得ています。
ラバーの方は、表面積が大きく、
かかる力は
プラスチックのほう(かどっこ)が、大きくなるのでしょう。
だから、すぐに十分な摩擦熱が発生して、消えるのだと思います。
運動靴のお姉さんに足を踏まれるより、ハイヒールはいたお姉さんに足を踏まれた方が、痛い!
っていうのと一緒ですね。

やってみたらわかるのですが、
ラバーとプラスチックのかどっこを紙にあてて、ごしごしする動作は、
プラスチックの方が、より力が入りよりごしごし・かしかしやりやすいので、
さらによく消えると感じる子もいるかもしれません。

今回、答えてくれた子は、低学年だったけど、きちんと思ったことを言葉で伝えることができていました。
いろいろ思っていても、言葉にするのがむつかしいお子さんもいますよね。
どちらもちゃんと考えているはずなので、きちんと耳を傾けてあげなきゃなと思いました。

今回は、他にも、
フリクションペンは、何度で消えるかな?とか、
どうやると復活するかな?
とかやっているので、
「40度のお湯と80度のお湯を足すと120度になる!」
なんて言っている子もいました。
今度一緒に考えようね~。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。